憲法と相いれない政治を変えよう 10.9「9の日」宣伝

憲法と相いれない政治を変えよう 10.9「9の日」宣伝

大阪府内いっせい「9の日」宣伝の10月9日、大阪憲法会議・共同センターは淀屋橋にて、橋下「維新の会」独裁政治ノー、原発ゼロ、消費税増税中止、オスプレイ配備・TPP参加反対を掲げ、宣伝行動をおこないました。

「根っからの改憲論者、安倍晋三氏が自民党総裁に就任。野田政権も改憲の流れにあり、橋下・『維新の会』も改憲論者と野合しながら国政進出をすすめています。憲 法を守る大きな幅広い運動をひろげましょう」(大阪労連)、「国民の願いは平和で人間らしく生きる権利、命を大切にする政治。憲法は戦力不保持であり、オ スプレイ配備は憲法違反」(新婦人)など、力をこめて訴えました。増田尚弁護士(民主法律協会事務局長)は「橋下市長が断行している住民サービス切り捨て は地方自治法に反している」と強調しました。

「平和問題に関心がある」という女子大生や「憲法は変えない方がいい。武力行使はしないで」(40代女性)など、チラシを受け取って話していました。

 

投稿日カレンダー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ