大東九条の会秋の講演会、寝屋川平和まつり

 

油断をせずに9条を守る草の根運動をさらに広げよう
―大東9条の会秋の講演会

 10月5日の講演会には120人が参加。大阪国際平和センター(ピース大阪)から講師を迎え、「なぜ戦争はなくならないのか-戦争解剖学からの視点―」の講演では、戦争は人間がつくり出したもので、人間はそれをなくすこともできること、そのために「武器を捨て、地球人という概念を発明しよう」と話されました。

よびかけ人からの3つの行動提起が確認しされました。(1)油断せずに、日常的に9条を守る運動を広げていくこと。特にアメリカの経済危機のもと、アメリカの世界戦略への日本に対する要求が強まってくること(2)「星の数ほど9条の会を」という提起を受けて、大東市内で は中学校に1ヶ所以上など9条の会の姿が目に見える状況をつくっていくこと(3)来年初めの大東9条の会4周年記念行事をみんなの知恵と力で成功させよ う。

ねやがわ「平和まつり」に2500人

 10月5日、ねやがわ「平和まつり」が打上治水緑地公園で開催され、2500人が参加しました。「平和まつり」は、「憲法9条を守り子どもたちに平和な未来を」をテーマに寝屋川市非核都市宣言25周年を記念して、市内17の9条の会と協賛する23団体で実行委員会が組織され、開催されたもの。

「名古屋高裁判決と憲法9条を考える」記念講演、琉球GAPによる平和コンサート、朗読など100名をこえる出演者が平和を訴え、パネル展示や模擬店、ミニSL、産直野菜販売など、多くのブースがにぎわいました。平和な日本を守り続けるために地域から、一人一人が力を合わせることの大事さをあらためて確かめ合いました。

投稿日カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ