9の日行動 府内220駅でいっせい宣伝

5.9 9の日行動 府内220駅でいっせい宣伝
「憲法守ろう」世論のひろがりに、“街のふんい気が変化している”

  憲法施行60年、マスコミ各社が実施した世論調査の結果でもわかるように、憲法9条は国民に定着しており、国民は改正論議に慎重さを求めています。大阪憲 法会議・共同センターが取り組んだ9日の宣伝でも「ビラのうけとりがいい」「署名が過去最高」など、「今までとは違う」という報告が多く寄せられていま す。

 大阪駅前では、「平和がいい、憲法は大事です」と男子学生が連れ立って署名。スーツ姿の女子学生も「憲法が変えられたら困ります」といい、「やっていこうよ」と署名を友人にもすすめてくれました。

 以下、各地からの報告です。

「絵を描いたり、楽器が弾けるのも平和だから」と大学、高校生と対話がはずんだ(富田林)。

「国の最 高法規を変える法律がこんな短時間で決められていいのか」との訴えに立ち止まり署名する人が多かった(寝屋川)。

「署名板に列ができることもしばしば」 (天王寺)。

「高校生がビラをとりにきてくれて、9条は守らなあかん」と声をかけてくれた(豊中)。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ