寝屋川で団地訪問

終了後も「署名とりに来て」のFAX 寝屋川で団地訪問

 「ねやがわ憲法を守る会」は、自民党が改憲案を決め、国民投票法案の提出ももくろんでいるもとで、10万世帯総対話が必要だと、中学校区ごとに各戸訪問をおこなっています。

12月3日は、6中・10中校区をかかえる三井団地の約千軒を50名が訪問、360軒で対話し、署名240名分が集まりました。

6中・10中校区連絡会は、事前に三井団地の4千戸に署名付きビラを配布。行動中のトイレ場所も三カ所設置するなど準備。大阪憲法会議副幹事長の鯵坂真さんも訴え、寝屋川市外からも労働者や新婦人会員などが参加しました。

対話では、「自衛隊に反対する署名ではないのですね」、「平和どころではない、明日のくらしがやっていけない」、「外国から攻められたらどうするのか」など率直な意見がだされました。

行動参加者は、「ドアをあけてくれたところは全員署名してくれた」「後で署名をとりにきてくれと四軒でいわれた」「戦争する国になればたいへんだ、怖いと、家族全員署名してくれた」「まだまだ知られていない。何度もまわろう」など、感想をよせています。

留守宅には、署名用紙とFAX先のビラを投函。行動終了後さっそく、「署名をとりにきて」のFAXが事務所に入ったり、署名用紙が投函されました。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ