「教育基本条例案」「職員基本条例案」撤回までがんばろう!府民集会に1400名が参加

 

「教育基本条例案」「職員基本条例案」撤回までがんばろう!
12.7府民集会に1400名が参加

 12月7日の「憲法と民主主義をまもる府民共同の力で『教育基本条例案』『職員基本条例案』の撤回を求める府民集会」には、中ノ島中央公会堂の2階までびっしり埋めた1400人をこえる参加者が熱気いっぱいに「撤回へむけ、がんばろう」の声をあげました。集会は大阪憲法会議や大阪労連、大阪教職員組合、自由法曹団大阪支部、民主法律協会など労働、法曹、教育8団体がよびかけたもの。

 伊賀興一自由法曹団大阪支部長の主催者あいさつに続き、大阪弁護士会会長代理として出席した大槻和雄憲法問題委員会事務局長、藤田城光府立高校PTA協議会会長、谷町2丁目会長の中野雅司さんがあいさつしました。平松邦夫前市長らがメッセージを寄せました。

  魅力ある講演で聴衆をひきつけた赤い花柄ブレザー姿の小野田正利さん(大阪大学大学院教授)は、「強いものしか生きられないような条例案は、根本的に間違っている」と力をこめ、拍手につつまれました。集会では、南河内の教職員による条例案の本質をとらえた寸劇が「うまい、わかりやすい」と大好評。大阪府 で働く職員などの意見表明もあり、「この問題に敏感でいたい。友達にも伝え、広めていきたい」(府立高校に通う女子高校生)、「スイカやメロンの糖度のよ うに子どもたちを数字で評価しないでほしい。教育権は国民のもの、権力者のものじゃありません」(小中学生の子どもをもつお母さん)などの発言に「心がうたれた」という感想のほか、「この集会にきて『思っているだけ ではアカン』、自分の考えをいわないと」(高校生)や、「条例案が可決されれば私の好きな先生の首が飛ぶ。私の好きな『考える時間』が奪われる」(15歳 中学生)、「怒りを笑いに、笑いを力に。この集会が出発点、これからがたたかい」など、たくさんの感想がよせられました。

投稿日カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ