民意を削る比例定数削減阻止に全力を 大阪憲法会議第44会総会

少数政党を排除し、民意を削る比例定数削減阻止に全力を

第44回憲法会議総会でよびかけ

7月30日(金)、第44回憲法会議幹事会を28団体49名の参加で開催しました。幹事長は、民主党への国民の期待は思った以上に失望に 変わるのが早かったこと。また、民主、自民の得票率からみて2大政党に対する国民の期待がうすいことを指摘。参院選結果を受けての活発な議論をよびかけま した。 桐山孝信さん(大阪市立大学教授)が「国際法から見た憲法と安保の矛盾の激化―憲法堅持と安保廃棄へ向けて」と題して記念講演を行いました。(右に要約)。

事務局長が参議院選挙で国民は民主党政権へ厳しい審判を下し、新しい政治への模索と探求を続けているとして、その情勢のもとで憲法がくらしのすみずみに生きる社会をめざす国民運動と憲法会議の役割発揮がいっそう求められていると述べました。

2010年度の活動方針
① 国民投票法の発動、武力行使恒久法、「国会改革」関連法など、明文改憲も解釈改憲の策動も許さない
② 議会制民主主義を破壊し、憲法改悪と消費税増税をすすめるための比例定数削減の法案提出を阻止する
③ 普天間基地撤去、核兵器廃絶、雇用・医療・福祉・教育の充実など、9条を生かす、憲法を生かす運動を発展させる
④ 「九条の会」づくりを援助するとともに、憲法改悪阻止府民過半数署名の達成をめざす。

方針とともに活動方針や予算案、役員などの提案が承認されました。

当面のとりくみ

◆第29回団体・地域代表者会議 すべての団体地域から2名の参加を
9月17日(金)午後6時30分 グリーン会館2階大ホール
川村俊夫中央憲法会議代表幹事が、当面の憲法情勢について講演をいたします。

◆比例定数削減反対学習会
8月26日(木)午後6時30分 いきいきエイジング 第1研修室
講師:西 晃弁護士
主催:自由法曹団大阪支部・民主法律協会・大阪憲法会議・国民救援会大阪府本部・大阪労連

「国際法から見た憲法と安保の矛盾の激化―憲法堅持と安保廃棄へ向けて―」 
桐山孝信(大阪市立大学教授)
・国連憲章における紛争の平和的解決、武力行使の禁止など集団的安全保障の枠組みのなかで、矛盾の種となる集団的自衛権が創出 (第51条)。安保理の機能麻痺(5大国の拒否権)を前提として挿入された集団的自衛権米ソ対立の中で大国によるフリーハンドの武力行使を可能にした。・安保は敵国を想定し、それに対して同盟して「防衛」しようとする仕組み。憲章の基本構造は不戦の約束体制。自衛権は「正当防衛」、緊急・突発的な攻撃への対処のはず。同盟は平素から力を蓄えて敵国と対峙するもの。・憲章理念と憲法理念について相似は武力行使の抑制と平和的紛争解決手段の重視。相違は戦勝者としての武力による平和の実現に対し、日本国憲法は戦力を持たないことで平和を実現(敗戦国としての教訓)。

・国連活動における矛盾克服の努力。戦争違法化の徹底、1970年の友好関係宣言や1986年の国際司法裁判所判決など武力行使 に関する統制。武力による平和(集団的強制措置)から武力によらない平和(PKO・平和維持活動)へ。核軍縮努力の中で21世紀における平和をめぐる道。 国家の安全保障から人間の安全保障へ。経済的支援など非軍事的手段による安全保障。軍事同盟としての安保の不要性、共同防衛から脅威の排除、協力と連帯 へ。

本日、8月「9の日」、各地で宣伝やります
9月9日は、府下一斉全駅宣伝をめざそう

猛暑に負けず、元気に宣伝しよう! 府的宣伝は、午後5時からヨドバシカメラ前

◎本日の宣伝で、ナインデ―6周年!~ねやがわ憲法を守る会

2004年8月9日にスタートして、6周年、第189回ナインデ―となりました。参加は3142名、署名は46000名を突破、17の「9条の会」も草の根で運動にとりくんでいます。記念すべき本日のナインデ―にこぞってご参加を。終了後は記念写真をとります。

◎メダカを売りながら、9条署名します~藤井寺協同センター

8月9日は例年のように、葛井寺の千日参りで、メダカを売りながら、「9条署名」をやります。

◎本日から15日にかけ、10ヶ所近くで宣伝~堺共同センター

9の日を中心にした宣伝はもちろん、今年も「堺平和のための戦争展」にとりくみます。

◎韓国平和ツアーに10名が参加します~憲法9条の会西区

8月11日に宣伝行動。韓国併合100年の今年8月末に平和ツアーを計画しています。

◎本日、3か所で宣伝します~西淀川共同センター

7月25日にも、憲法と核廃絶、ふたつの署名で全戸ローラー、170件と対話しました。

憲法会議総会 討論・発言より

大阪労連

憲法を生かす運動として、核兵器廃絶へのとりくみ。「4.25府民のつどい」やNPT代表団派遣での青年の独自のとりくみが目立った。8月原水禁にもバス1台50人を青年で埋めようと声が上がっている

新婦人

選挙後も消費税増税、比例定数削減、憲法改悪が見え隠れしており油断できない。ロングラン宣伝や親子の集いなどこの夏も大いに学びあい、行動して、20万署名をさらにのばしたい。

個人幹事

憲法を変えようという中に戦前の朝鮮、中国への侵略と違って、現代軍隊を派遣するのは海外に出ている日本企業や日本人の生命、財産を守るために必要という意見もある。有効な反論がいると思う。

大阪AALA

参議院選の結果、改憲派が増えた。スリランカ9条の会との懇談で戦後賠償金を要求しなかったのは日本人が9条を守っているからといわれた。世界を知って世界と連帯する活動が大切だ。

自治労連

憲法キャラバンで雇用、財政の課題も含め25の自治体首長と懇談。国の役割を外交や危機管理に限定し、国民のくらし、医療や教育は地方と住民まかせ。憲法にもとづく社会保障の拡充を求めたい。

大阪AALA

鳩山から菅に首相が変わったが、「日米同盟の深化」のなかで今後9条の改憲問題が必ず出てくる。アジアの共同体をどうつくっていくのかという点でも改憲そして基地問題が重要になってくる。

自由法曹団

沖縄の基地問題では、利益誘導、せめぎあいが予想される。基地の痛みをどこかに持っていくのではなく、安保をどうするのかを含め、沖縄と本土が連帯しなければならない。そのためにも学習しよう。

9月9日の「9の日」宣伝

全駅宣伝をめざしていまから計画、ご準備ください。
府的宣伝は、9月9日(木)午後5時~ヨドバシカメラ前

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ