「海賊対処」法案は、徹底審議し、廃案にせよ 衆議院採決強行に抗議

 「海賊対処」法案は、徹底審議し、廃案にせよ

団体、地域から国会にただちに声をとどけよう

 自民・公明与党は14日の衆院本会議で、グアム「移転」協定承認案の採決を強行、両党の賛成多数で可決しました。その本会議で「海賊 対処」派兵新法案の趣旨と質疑が行われ、国会は米軍再編、日米軍事同盟強化に向けたふたつの重大問題で、重要局面を迎えています。政府与党は、「海賊」新 法を、月内にも採決する構えです。

 民主党が自衛隊の派兵そのものや、武器使用の拡大を前提とした部分的修正で審議促進の立場をとっています。「海賊対処」派兵法案も強 行を許せば、自民・民主両党がめざす海外派兵恒久法の突破口にもなることは明らかです。団体・地域から「戦争する国づくりへの道、『海賊対処』法案を徹底 審議のうえ、廃案にせよ」の声を集中させましょう。

「軍事費削って、雇用やくらしにまわせ」
「北朝鮮や海賊対策は、9条の精神で解決を」

 「9の日」を中心に 府内約100ヶ所で宣伝(詳しくは速報183号をご覧ください

投稿日カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ