「グアム協定反対、ソマリア沖自衛隊派兵やめよ」昼デモ、第24回団体・地域代表者会議

「グアム新基地協定反対、ソマリア沖自衛隊派兵やめよ」

中央での国会請願デモに呼応して、大阪でも安保破棄大阪実行委員会と大阪憲法会議・共同センターのよびかけで、3月18日、昼休みデ モが行われ、約70人が参加しました。デモに先立つ集会では、今日の不況、首切り、賃下げもとでアメリカいいなりに新基地建設費に7000億円を負担する 動きを厳しく批判。また、「海賊対策は軍事力ではなく、警備活動の国際協力で対応せよ」、「憲法違反の自衛隊の武器使用の拡大は許さない」など、訴えまし た。

 「海賊対処」派兵法案を廃案においこむため

憲法生かす運動と結び学習・宣伝・署名を!

大阪憲法会議・共同センターは、3月19日、グリーン会館大ホールにて第24回団体・地域代表者会議を開催し、21団体16地域から51名が参加しました。

海外派兵恒久法の制定をめざす危険な企てをやめさせるためにも、ソマリア沖での自衛隊の軍事活動に反対し、「海賊対処」派兵法案を廃案に 追い込もう。また、9条を守ることと、25条・26条・27条など、憲法を生かしてくらし、雇用を守る運動を合流させ、憲法闘争の新たな発展をめざそうと よびかけました。

ミニ学習会で「海賊を口実とするソマリア派兵の問題点―9条の精神を生かした国際貢献を-」を学び、討論と交流では、8名が報告を行いました(詳しくは速報182号をご覧ください

投稿日カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ


▲このページのTOPへ