6・9「9の日」宣伝署名活動に、反応びんびん

 

6・9「9の日」宣伝署名活動に、反応びんびん
いつでも戦争できる法・海外派兵恒久法
要綱案づくりはやめよの声がひびきあう

自衛隊をいつでも海外に派兵して、武力行使もできる海外派兵恒久法づくりにむけた動きが強まっています。自民党と公明党の与 党プロジェクトチームは、国会会期末まで法案の要綱案をまとめようとしています。そして8月末に招集するといわれる臨時国会で法案の制定をねらっていま す。

武力行使・恒久法は、単にこれまでの特措法の延長ではありません。後方支援や警護、治安活動、船舶検査についても、武器使用の緩和が検討されています。

名古屋高裁判決は、イラクで武装した米兵を空輸する航空自衛隊の活動を武力行使と一体であるとして「憲法9条違反」と断罪し ました。戦闘行為を当たり前とする恒久法が、憲法違反であるのは明白です。急ピッチですすむ恒久法・要綱案づくりはやめよの声が、各地でとりくまれた「9 の日宣伝」でひびきあいました。

憲法府民署名130万人分にせまる。「恒久法策謀は許さない」~府的宣伝 京橋

「9条世界会議」と名古屋高裁判決という5月の大きな出来事をあげ、日本の9条を世界の声に、そして平和的生存権、生活を守 る憲法25条が9条と連携しているとアピール。国民の年々高まる9条をかえるなの声に、改憲そのものの策動はおさえて、恒久法を策動している。この策動を 許すなと訴えました。

市民のみなさんが戦争の悲惨さを知ることが、9条を守る一歩になります~貝塚共同センター

貝塚駅頭では、映画「母べえ」上映実行委員会、貝塚9条の会と合流し、6月29日の上映会の参加もよびかけながら、「9条守ろう」と訴えました。ビラを手にした市民が立ち止まって読むなど、反応はよく、用意した400枚のビラを1時間足らずで配りきりました。

「キュー・ピース」ティッシュの受け取りがばつぐん。ビラ700枚を配布~松原共同センター

河内天美、布瀬、高見の里、松原の4駅全駅で実施ビラといっしょに配った「9(キュー)・ピースティッシュ」が大好評。500個のティッシュはすぐになくなり、ビラも700枚をまききりました。

若者、勤め帰りの人。幅広い年齢層がビラをうけとってくれました。~八尾憲法連絡会

近鉄八尾駅で海外派兵恒久法の危険な動き、国会の情勢も加えてアピール。幅広い年齢層の人が受け取ってくれました。

元気によびかけると、若者、女性がグループで署名   ~富田林・憲法9条の会

貴志駅と金剛駅の2駅で25名が参加。後期高齢者医療制度の廃止と軍事基地ノーが国民の声、憲法を守り生かそうと強調しました。

大学生や高校生には、「平和な時代だからこそ、自由に安心して学問、スポーツを楽しめる。戦争する国づくりの動きをストップさせよう」と話しかけるなど、対話がはずみました。

「母子家庭は大変。教育にお金を使って」と私学の高校生の訴え~阿倍野共同センター

阿倍野ベルタ前にて宣伝。自分の兄を戦争で失った、原爆投下後に被爆者がたくさん乗った電車に乗り合わせた、戦争はあかんなど 自分の体験を語るお年寄りも。私学の高校生は、「軍事費よりも教育にお金をつかってほしい」と訴え署名。なかには、「侵略をうけたら軍事力も必要」という 人もいましたが、多くのひとが声をかけると気軽に署名してくれました。

今風のお兄さんも、女子高生も。~西淀川共同センター

御幣島、千船、姫島の3駅で10団体35名が参加して、63人分の署名を集めました。声をかけると「もうしました」という人が 結構多く、女子高生も真剣にこたえてくれました。今風の若い青年や、みかけは恐そうでもわざわざ寄ってきて署名してくれたお兄さん、屋台をとめて最後まで 耳を傾けてくれたラーメン屋さんなど、新しいひろがりを実感することができました。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ