大阪憲法会議・共同センター 第19回 団体・地域代表者会議

大阪憲法会議・共同センター 「第19回 団体・地域代表者会議」

憲法いかすとりくみを9条守れの流れに合流させよう!

大阪憲法会議・共同センターは、2月8日、「団体地域代表者会議」を開催し、24団体26地域から70人が参加し、川村俊夫さん(中央憲法会議代表幹事)の講演と、4人のとりくみの報告をまなび、夏に向けての闘いの行動提起を確認しあいました。

とりくみの特徴と行動提起

参院選、東大阪・大阪市長選、府知事選と全力で選挙戦を闘いながらも、この間、新テロ法案阻止・9条守れの宣伝行動を行い、また 「9の日」には毎月80~100ヶ所での宣伝行動が定着。「憲法がいきる政治、府政の実現を」と攻勢的な宣伝に取り組んだ地域の経験や「ピースチャレン ジャー」など、憲法運動を団体構成員一人ひとりの課題にして目標をやりきった経験をいかして提起を行いました。

(1) 大学習会の推進。3月1日「憲法討論集会」、4月からの「憲法市民講座」(2)3,4,5月連続「9の日大宣伝行動」。(3)府民過半数署名目標11月末70%達成をめざし、各団体・地域で目標達成を!

とりくみ 報告から

太子町共同センターコツコツ続けて、地域に地盤

平和の大看板を駅前に掲げ、「上の太子駅」で毎月「9の日宣伝」を続けています。派手なことはできなくても、小さな町で地道に運動を続けていることが、「手づくり戦争展」での学童疎開の語りなど、地元に根ざした平和の活動につながっています。

憲法守る旭区センター

継続は力。あらゆる機会をのがさず宣伝 「9の日宣伝」、各戸訪問を続けるなか、署名して待っていてくれる家が増えてきました。地域の祭りや成人式など、宣伝を続けることで確実にビラをとってくれる人が多くなりました。

学習にも力を入れ、「新憲法草案には何が書かれているのか」、現行憲法との読み較べなどを、地域の人を講師にして行いました。身近な人がしゃべる中で学びあう。これからも続けます。

大阪教職員組合

一人100筆、“ ピースチャレンジャー”に挑戦

「教え子を戦場に送るな」と運動をしてきたなか、署名にもっとはずみをつけようと、高槻支部では、大阪労連女性部から話を聞い た、「ピースチャレンジャー」に挑戦。高槻「ナインデー」でも、「憲法9条まもろう」と訴えていますが、これからますます「9条をもった日本ができる『国 際貢献』を世界に発信しよう」と元気です。

民主青年同盟

新成人と対話。「いまの政治や社会に」86%の青年が不満!

毎年行っている「新成人アンケート」で今年際だっていたのが、「政治への不満」。「憲法9条変えることに反対」の声も70%に及びました。

毎月の宣伝行動でも、「駅で聞いていて大切だと思った」という青年の署名が増えるなど、草の根のひろがりを確信。対話のなかで9条を自分の言葉で語りひろげることが、この流れをさらに強くすると思っています。

堺共同センター

元気にやってます!「9の日」宣伝   11駅で宣伝、3ヶ所で各戸訪問

9日を中心に11駅で宣伝。8日の泉ヶ丘駅では、「署名したっていっしょ、国は好き勝手にする」といっていた40代の女性に、 「世の中の流れは変わっている、「9条の会」などのひろがりがあってこそ」と訴えると、署名してくれました。11日には、北区450軒、美原区400軒な ど各戸訪問。拒否より署名してくれる家の方がふえています。

藤井寺共同センター

大雪のなか、ごくろうさんと激励されました

弁士は傘の下、署名は藤井寺駅、駅舎の下で宣伝行動。「寒いなか、ごくろうさん」とたくさん声がかかりました。

投稿日カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ