新成人に「9条まもろう、雇用ひろげ、格差なくそう、選挙にいこう!」と訴え

新成人に
「9条まもろう、雇用ひろげ、格差なくそう、選挙にいこう!」
と訴えました

1月14日「成人の日」には、各会場で平和行動が取り組まれました。新成人の要求シール投票を行った新婦人。第1位「9条大好き戦争はあかん」、第2位「大型開発やめて」、第3位「給料上げて」と、若者は、平和な社会、普通のくらしを望んでいることが実感できました。

「憲法9条といってもすぐにはわからない。『戦争反対の人は署名してください!』といったら、署名する人が増えると思います」と、提案してくれた女性もいました。

高石母親連絡会では、「お手紙パンフ」を作成。「20歳のあなたへ」とよびかけ、いま、平和のおおきな流れが世界をおおいつつ あること、「二度と戦争はしない!」と誓った憲法9条をもつ日本は、世界からも注目されていること、その9条を変えようという動きや、働いても、働いても くらしていけないワーキングプアのひろがりを語りかけ、はじめて選挙権を手にする新成人に、「憲法まもろう、みんなでつくろう元気な大阪」を訴えました。

「今のままの政治ではダメ」  「高い学費を下げてほしい」

民青同盟も、成人式会場で毎年取組んでいる「新成人アンケート」やシールボードで対話を深めました。「自分は正社員だが、兄は 非正規」など、対話では「正社員増やして」、「時給をもっとあげてほしい」の声がいっぱい。政治への関心も高く、「高い学費下げて」など、青年の切実な求 めにこたえる府政実現の話しもしました。

「恋人を戦場に送らないための署名です」のよびかけに、振袖姿の女性が、つぎつぎ署名

「ねやがわ憲法を守る会」は、市民会館前で、「成人式おめでとうございます、主権者となられたみなさんと力をあわせて平和憲法 を守りましょう」、「戦争支援でなく、平和外交こそ日本の役割です」と訴えました。とくに、「恋人を戦場に送らないための署名です」の訴えには、新成人女 性がつぎつぎと署名に応じてくれました。また、スーツ姿の男性は、「思想信条に関係なく平和は大事、戦争には反対です」と署名してくれました。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ