5・19西淀川ドラムデモ 「共謀罪」の強行採決に抗議

 

  5月19日(金)大阪市西淀川区姫島4丁目の姫島公園で第22回戦争あかん!5・19西淀川ドラムデモが85名の参加で開催されました。当日は、午後に衆議院法務委員会が「共謀罪」法案が自民公明維新の賛成で質疑を早々に打ち切り強行採決しました。

戦前の治安維持法の再現である「共謀罪」の強行採決に抗議する集会となりました。情勢報告に立った日本共産党衆議院大阪5区予定候補の北山良三さんが、共謀罪の中身を紹介し、知れば知るほど国民の内心の自由を奪う憲法違反の法案が語られ、参加した人も怒りが盛り上がっていました。

また、初代会長の牧口常三郎氏が治安維持法で検挙され獄死した創価学会を支持母体とする公明党が「共謀罪」法案の推進役を果たし、この大阪5区選出の公明党議員が法務委員会で推進しているのも参加した人たちの怒りを買いました。

集会後姫島周辺をドラムに合わせて「戦争あかん!」「共謀罪は絶対廃案」「ものが言えない社会をつくるな」とコールし、マンションのベランダからや店先から声援あり「共謀罪」法案強行採決に対する西淀川での一大決起の場となりました。

戦争あかん!西淀川実行委員会は、5月29日に区内4駅頭での「共謀罪」反対宣伝や第23回戦争あかん!西淀川ドラムデモ2周年記念(大阪市長選知事選のあった2015年11月と昨年9月19日戦争法成立1年の大阪総がかり集会に合流のため2回実施していません)の大ドラムデモ&大街頭宣伝を6月9日に計画しています。

投稿日カレンダー

2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ