羽曳野総がかり行動実行委員会が新基地建設反対の沖縄連帯宣伝

 羽曳野総がかり行動実行委員会は4月28日、古市駅で、沖縄「屈辱の日」宣伝・署名行動を行いました。宣伝には昨年7人で沖縄連帯・平和ツアーを行ったときに撮った写真のパネルを掲げて宣伝しました。

 事務局長の西村氏は「私たちが3年つづけて沖縄の基地建設反対のたたかいの支援を行って学んだことは、基地問題の本質は『日本の主権』の問題だということ。日本は全国31都道府県133か所に米軍基地がおかれ、年間の米軍駐留経費として約7250億円も国民の税金で負担しています。これは国民一人当たり米兵に約2000万円を毎年提供していることになる。また、日本全土のわずか0.6%の小さな島・沖縄に74%の米軍基地が集中しています。基地問題は『沖縄の問題』だはなく『日本の問題』と考えることが大切だ」と訴えました。

 また、渡辺真千さんは、「翁長知事は、沖縄は米軍に自ら土地を提供したことは一度もない。戦後70年以上が過ぎ、あろうことか、今度は米国ではなくわが国の政府によって『銃剣とブルドーザー』をほうふつとさせる方法で、美しい海を埋め立て、基地が造られたようとしていると批判されている。今こそ、沖縄県民と連帯して全国のたたかいを大きくしていこうではありませんか」と訴えました。宣伝には16名が参加し、23名分の署名が寄せられ、ビラは150枚配布しました。

投稿日カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ