9の日行動 西淀川 民医連九条の会 大阪共同センターなど


9999 9の日 府下で多彩に、いっせい宣伝

平和の願いをこめて、風船とばし

 西淀川共同センターは、9月9日午前9時9分に集合。9条ビッグのぼりや風船をもって、場所を変えながら、宣伝行動 を行いました。自らやってきてすすんで署名をしてくれたおばあさん、高校生の2人連れの女の子、待ち合わせ中の若い青年も、快く署名してくれました。最後 は、病院の屋上からの「平和の風船飛ばし」。一人ひとりの平和への願いをこめた短冊をつけた風船をいっせいに飛ばしました。

京都の九条から大阪の9条まで、平和の心をつなぎました

 「9月9日9時9分にアクションを」と、民医連九条の会は、京都の九条診療所(京都市南区)から大阪の九条商店街(大阪市西区)までを自転車でつなぐとともに、各病院から徒歩で九条商店街まで歩きました。

 無事に大阪に着いたチャリンコ部隊と徒歩の部隊がめでたく九条で落ち合って、交流を行い、平和への願いを書いた風船 を大空に飛ばしました。「準備や片付け大変や~」と思いながら、子供も、おじさんも、おばあちゃんも楽しそうな顔をみたら、またやってもいいかなと思った 取り組みでした。

平和の大切さ、テロ特措法延長反対の訴え
10日、JR京橋駅で府的宣伝

 大阪憲法会議・共同センターは10日、京橋駅前で宣伝。「テロ特措法による自衛隊の給油活動は、761回にもなる。 平和憲法をもつ日本が軍事作戦に参加することは許されない」(大阪労連)、「戦場では、医者や看護婦が、凄惨な治療現場にだんだん慣れてくる。戦争とはそ ういうふうに人間性を失っていくこと」(民医連)など、平和の大切さとテロ特措法の延長反対を訴えました。「一人ひとりが声をあげれば憲法をまもることが できます」といいながらチラシを配ると、立ち止まって見てくれる人が目立ちました。

投稿日カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ