岬町でスタンディング(11月24日)

 今日は、戦争法にもとづく新たな任務を追加された自衛隊が、初めて南スーダンに派兵された日で、それに抗議する意味も込めて、深日ロータリーで”スタンディング”をおこないました。『「戦争やめて!」岬町れんらく会』で取り組んだんだけど、寒くもなく心配していた雨にも降られず、抗議行動ができて良かったデス。

 「れんらく会」の集まりで、「沖縄の高江でのヘリパッド建設反対の行動をしない?」って話が出て、ウチらはやったことのない”スタンディング”をやってみようかという話になりました。「それなら、自衛隊の”南スーダン派遣反対”もアピールしたい」って私が言って、2種類の横断幕になりました。

派兵される自衛隊員にとっても、その家族にとっても、恐怖と不安でいたたまれないことでしょう。日本の歴史にとっても、戦後初めて、日本の自衛隊が「殺し・殺される」危険に直面する大きな別れ道です。「駆け付け警護」や「共同防護」は、日本が攻撃されてもいないのに、武器を持って他国軍兵士やNGO関係者を助けに行く任務です。

 安倍サンは、「現地に日本人がいる」と、さも「邦人だけを助けに行く」かのように言い出してるけど、PKO法にはそんなコト一言も書いてへんっちゅうねん
批判かわしのごまかしで、自衛隊員の命を危険にさらすなんて、ホンマに許されへん。
稲田サンは、「万一の時は私が責任を持つ」ってなコトを言ったけど、一度失われた命は二度と戻ってきません。
戦闘ゲームとちゃうんやで。
 
安保法制にもとづく任務が発動されるのは12月半ば以降らしいんだけど、引き続き、「発動スルナ」の声を広げていかなアカン…。
みんなで力を合わせてがんばりたいと思います。

投稿日カレンダー

2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ