歴史的な闘争のスタートにしよう!9・26昼デモに140人が参加

歴史的な闘争のスタートにしよう!
9・26昼デモに140人が参加

  国会開会日の9月26日、大阪憲法会議・共同センターほか4団体の呼びかけた中之島公園での昼休み集会には約140人が参加。「憲法と教育基本法改悪を守 る歴史的な闘争のスタートに」(大教組)の挨拶に続いて、山下よしきさん(日本共産党)が、基本的に靖国史観に立ち、海外のメディアからも「ナショナリス ト」と危惧されるなど、「小泉さんよりもさらに危険な安倍首相」を指摘。「国会での論戦を強めるため、国民の世論と運動をさらに盛り上げよう」と力強く訴 えました。

この後、西梅田まで御堂筋をデモ行進。米領事館前では「アメリカの戦争に日本を巻き込むな」、「アメリカのために税金を使うな」と、シュプレヒコールにも一段と熱が入りました。

淀屋橋、天王寺でも街頭宣伝

 大阪憲法会議・共同センターが主催し、午後6時前から40分間、淀屋橋で街頭宣伝を行いました。宣伝カーの上から、代わる代わるマイクを握って「くらし、福祉、平和憲法と教育基本法を守ろう」とよびかけました。

29日 府内で一斉、120駅宣伝

 ヨドバシカメラ前では、通りかかった女性が一緒にビラを巻いてくれたり、演説を聞いて戻って署名してくれた女性、「格差社会」への不満をぶつける男性もいました。

玉造駅では、「学校で憲法の学習をしたばかり」という高校生たちが、「みんなで署名しようよ」とよびかけあって署名してくれました。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ