教育・文化府民会議と憲法会議・共同センターが「学習・意思統一集会」


許すな 戦争する国づくり 守ろう 憲法・教育基本法
「7.16緊急学習・意志統一集会」に200名が参加

 教育・文化府民会議と憲法会議・共同センターが主催して、7月16日、府教育会館(たかつガーデン)8階で行った「学習・意思 統一集会」では、まず石井郁子衆議院議員が、国会論戦をリアルに報告。与党とわたりあい、追いつめ、見通しもないまま継続審議とさせたのは、国民の世論と 運動の力と述べました。

続いて、大阪教職員組合委員長が、「教基法改悪阻止、そのたたかいに結合、合流する憲法改悪反対署名の過半数達成をやりとげよう」と呼びかけました。Peace Callの「あの日の授業」「子どもを守るうた」の合唱で和んだ後、取り組み交流では、5名が発言。

  「青年はいい先生になろうとしている。いい先生になるために教基法を守ろうとしている」(高槻教職員組合)、「8市4町のうち6市1町で『9条の会』が結 成、準備会も続いている。毎週地域で宣伝カーを回している」(大阪労連阪南地区協議会)。「『吹田青年9条の会』として、毎週1時間駅前宣伝をしてい る」、「原水禁世界大会への参加で、仲間と一緒にやっていくことの喜びを感じた。今日もこのあと被爆者訪問に行く」(ピースツアー実行委員会)など、若者 からの発言も。

世論を動かす規模で宣伝、署名、学習を広げ、9月下旬開会予定の臨時国会で法案を必ず廃案においこもうと全員の拍手で閉会しました。

投稿日カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ