戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会」が怒りの行動

「戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会」は19日、6時から藤井寺駅で怒りの行動を行いました。24人が参加し、5人がマイクを握り訴え、60人分の署名を集めました。

「あなたの署名は戦争を止める」「戦争法廃止へ野党は共闘」の自作のプラスターを掲げて宣伝しました。マスコミの影響もあってか、「もう通ってしまったんやから、こんなんしても無駄とちがうの」「北朝鮮や中国が攻めて来たら戦わなあかんでしょ」などと話す人が多くなりました。

これに対して、「イラクやアフガニスタンの混乱を見れば『戦争でテロはなくせない』というのがアメリカの同時多発テロ以降の15年間の教訓です」「武力は憎しみの連鎖を生み出すだけ。日本は9条の平和外交で世界の信頼を得てきた。戦争法ができたらアメリカの参戦の要請には断れない」」など、一筆の署名にも対話と時間が必要になってきました。

この日は、年金者組合のみなさんが午前10時から1時間、古市駅で宣伝を行い、5人で9人分の署名を集めました。

160222羽曳野1 160222羽曳野2

投稿日カレンダー

2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ