めざそう府民過半数署名。熱い思いを共有しました! 11.3輝け9条 学習と交流のつどい

11月3日堺市民会館大ホールで開催した「学習と交流のつどい」には約1000人が参加。オープニングの憲法前文の朗読とともに各地域団体の取り組みを大スクリーンで紹介したスライドショーに会場の注目が集まりました。

「九条の会おおさか」よびかけ人の一人、津村明子さん(大阪府生活共同組合連合会会長)が、改憲反対の共通の目標に向ってともに力を あわせましょう、と連帯挨拶。この日、国労会館で開催された「戦争戦争への道―改憲を止めよう11.3憲法集会実行委員会」からも連帯メッセージ「平和憲 法を愛する市民の輪をひろげよう」が届きました。

  国際NGOとして世界の紛争地で活動してきた伊勢崎賢治さん(立教大学教授)がリアルな実体験に基づいて講演。「9条をもった日本は武力でなく、外交で、 交渉で、紛争に積極的に、能動的に関わることが大切」、そのためにも「前文と9条は変えてはならない」とアピールしました。

取り組み発言では、「職場で平和、9条を語り合うことで元気がでる」(府高教)、「40万という府下最大の署名目標をもって運動体をつくっていく」(堺・九条署名推進共同センター)など、4名が発言しました。

橋本敦弁護士(大阪憲法会議顧問)が、改憲をめぐる重要な情勢と私たちの役割について、問題提起を行い、自民党「新憲法草案」の最大 のねらいは9条2項の廃止で「地球上どこででもアメリカの同盟国として戦争する国に国の基本を変えること」にあると述べ、一人一人が9条の心をあらためて 自分のものにし、星の数ほど「9条の会」をつくり、日本の宝、世界の理想、平和憲法をまもる運動をさらに大きく発展させよう、と訴えました。

フィナーレでは団体、各地域の代表100人以上が横断幕やプラカードを手に賑やかに登壇し、熱気の中で、「府民過半数署名の実現に向け、今月末には目標の半分をめざそう」との決意表明を拍手で確認しあいました。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ